Home > 細島探訪

海の駅ほそしま

妙国寺

細島港に面した米ノ山の中腹にある妙国寺は、南北朝時代の1341年に宰相阿闍梨日郷上人の教導により、薩摩阿闍梨日叡上人が開山したと伝えられております。

寺の外観
山門階段両脇には樹齢三百年を超えるイチョウが雌雄であり日向市の保存樹に指定されいます。このイチョウは夫婦円満・良縁成就をもたらすといわれ、興福イチョウ・夫婦イチョウと呼ばれています。

銀杏の樹

また本堂の南側には背後にそびえる米ノ山や周辺の丘陵から醸し出される自然環境を巧みに利用しながら池や中島それに築山や工作物を巧みに利用して仏教の世界を表現しているといわれる庭園があり、国指定の名勝庭園にもなっております。

庭園

なお築造時期は本堂が建立された江戸時代の宝暦6年(1756年)とする説や開山当時には既に基礎となる庭園が造られていたとみる説などがあり明らかではありませんが、造園手法には中世以来の伝統が色濃く残されています。
  • mySQL error with query SELECT COUNT(*) FROM blg_nucleus_comment as c WHERE c.citem=1377: Table './hpmz01/blg_nucleus_comment' is marked as crashed and should be repaired


    Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2pkfw23t/www/htdocs/blog/nucleus/libs/COMMENTS.php on line 129
    Comments:

More...

Home > 細島探訪

Search
Feeds

Page Top